6月9日はロックの日

2020/06/09 社長のぼやき

本日6月9日はロックの日
私がブログを始めてから1回目のロックの日です。

私には神的に尊敬しているロックアーティストが2人います。
1人は矢沢永吉さんもう一人はもう亡くなってしまいましたが忌野清志郎さんです。
好きなアーティストはたくさんおり、いろいろな方の音楽も聞き、カラオケも色々歌います。
しかしやはり私の中ではこの二人は格別です。
世界的に有名なエルビスよりもビートルズよりもストーンズよりもクイーンよりもマイケルジャクソンよりも
 

私の中では誰が何と言おうが
矢沢永吉&忌野清志郎は最強です。


この二人だけは甲乙つけれません。
どちらもタイプは違いますが生きざまに感銘を受けた偉大な人物です。

 

 

好きになったのは忌野清志郎の方が早かったです。
私には3歳年の離れた兄貴がおり、その兄貴の影響で当時忌野清志郎がヴォーカルを務めていたバンドである

RCサクセションを知りました。
フォークバンドとしてデビューしたRCサクセションがヴォーカル忌野清志郎が派手な衣装に身を包み化粧をしまくり髪の毛爆発させてロックバンドに移行した頃でした。

独特の甲高い声と特徴のある歌い方、アップテンポなロックに最高の詩を織り交ぜたバラード、当時まだ子供だった俺はその圧倒的なパフォーマンスに魅了され、学生時代はモノマネまで本気で勉強しちゃいました(笑)
思ったことを何でも曲にしてしまい、政治問題や原発問題まで曲にして訴え続けた革命家でもありました。

付いた異名はザ・キング・オブ・ロック

そんなRCサクセションの代表曲といえばこちら


雨上がりの夜空に♪

 

そしてロックの日でもありますがついでにバラードも
RCサクセションの中で一番好きなバラードです


スローバラード♪

 

2006年に喉頭癌が発見され、癌の摘出をすると声が出なくなると宣告されたことから、声が出なくなったら忌野は死んだのと同じとの考えから、放射線や抗癌剤での完治を目指す。
2008年2月10日、日本武道館にて『忌野清志郎 完全復活祭』を開催し、本格的に活動を再開する

 

2009年5月1日午後に容態が急変し、5月2日午前0時51分に癌性リンパ管症のため死去した。
58歳没

 

 

そしてもう一人の神アーティストの矢沢永吉さん
言わずと知れた日本を代表するレジェンドロックスターです。
愛称は 永ちゃん
広島県から高校卒業後夜汽車に乗って横浜へ、いくつものアマチュアバンドを経てジョニー大倉等と共にロックバンドキャロルを結成。


名曲ルイジアンナでデビューし日本のロックの原点と言われるファンキーモンキーベイビーなど数々の名曲を発売した。


約2年半という短期間の活動ながらも強いインパクトを残し、以降の日本のロックシーンに大きな影響を与えた伝説のバンドと称される。

その後I LOVE YOU OK!でソロデビュー
時間よとまれ、など数々のミリオンセラーを連発し男性歌手長者番付けトップになり、その後も長年上位グループの常連になる
自著伝第1弾「成りあがり」を出版し100万部を超えるベストセラーになる。
この成りあがりを読み矢沢永吉に惚れ込み熱狂的なファンになった人も数多いとされる。

 



私の場合は存在自体は知っているがあえて興味もなかった時にライヴへ行って好きになりました。


当時の永ちゃんのライヴは非常にガラが悪いファンが多く、会場周辺で喧嘩も多く駐車場は暴走族の集会のようでした。


しかしライヴがはじまるととても素直に人の言うことなど聞きそうもないガラの悪い連中がそろって永ちゃんコール♪


ロックとバラードの聴き方もマナーもなっており、そのパフォーマンスと会場の一体感が半端なく、この永ちゃんって人は何者だ?と感じたのが生で見た矢沢永吉の第一印象でした。


それからレコードを買うようになり、永ちゃんの生きざまにも惚れ、以来ずっと追いかけております。

特に衝撃を受けたのが1998年に発覚した、部下が矢沢の会社で別のビジネスを行っており、矢沢への報告はすべて虚偽だったことが判明。
詐欺・横領などによって矢沢が受けた被害総額は35億円。その全ての借金を矢沢が背負うこととなってしまう。
信頼していた部下に裏切られた矢沢は覚悟を決め数年をかけて全額返済した。

本来なら自己破産や自殺を考えるレベルの話。
永ちゃんの勇気と覚悟は、普段辛い時もたくさんありますがそんな時に思い出し、俺もこんなことぐらいで負けてたまるか!と勇気を貰えるお話です。


これだけは今でも断言できます。


矢沢永吉という成りあがったアーティストと忌野清志郎という音楽革命家に出会っていなければ俺は自分で商売など立ち上げていなかった、と思う。


最高のやる気と勇気を与えてくれたお二人です。


吹けば飛ぶような小さな会社でありますが、社長業に付かせてもらいおかげさまで今18年経ちました。

清志郎は残念なことに早くに旅立ってしまったけど、生涯現役を宣言している永ちゃんは今70歳。


そして永ちゃんが35億円もの詐欺に引っ掛かってしまったのがちょうど今の俺くらいの年齢。
 

俺も気持ち新たに生涯現役で頑張っていきます。



永ちゃんのロックナンバーの中に、鎖を引きちぎれ♪という曲があります。
私がサラリーマン時代、独立開業するまでの間、思い切り背中を押してくれた曲がこのナンバーです。

今日、このロックの日に紹介します。

 

今日も一日に感謝

トータルカーサービスKaZuオフィシャルサイトはこちら

全国人気ブログランキングに参戦中
是非一日一度の下記バナークリックで応援よろしくお願いします。

整備・修理ランキング