警察署にて

2020/10/07 社長のぼやき

本日ある県内の警察署に車庫証明の申請に行った。

駐車場に車を止め歩いていると80代半ばくらいかと思われるおじいさんに「ここは交番だね?入り口は?」と声をかけられた。
俺は交番じゃないけど、と思いながら警察署の入り口を指さし「あちらですよ」と言いながらもちろん俺もそっちへ歩いて行った。

車庫証明の提出を終わり帰ろうとするとなんか騒がしい、、
さっきのおじいさんが女性警官と何か大きな声で話をしている
おじいさん:「だから俺のウチがわからんくなっちゃっただっちゅーこん(わからなくなってしまったんだ)
女警官:「おじいさん何も思い出せない?どこから歩いて来たの?」

(どうやら徘徊のようだ、可哀想だがボケてしまっているのだと思う、しかしボケているとは思えないほどしっかりとはっきりしゃべるおじいさんだ、と思った)

おじいさん:「俺のウチを早くめっけてくりょう(早く見つけてくれ)ここは何処で?(何処なんだ)」
女警官:「ここは警察署だよぉ~、困ったねぇどれくらいの時間歩いていたかわかる?」
おじいさん:「わからんね、けっこう疲れたじゃん」(キッパリ!)
女警官:「住所はわかる?今住んでいるおウチはわかる?」
おじいさん:「わかるさぁ」
女警官:「どこぉ?」
おじいさん:「え~と、中村さんのとなりの二階だよ」
女警官:「中村さん?」

そんな話の途中に俺は出てきてしまったが、、、

おまわりさんも大変だ。

中村さんのとなりの二階を探すのは容易じゃねぇだろうな、、、

おじいさん、早く自宅に帰れますように、、



今日も1日に感謝

トータルカーサービスKaZuオフィシャルサイトはこちら

ASV山梨整備協会のオフィシャルサイトはこちら

全国人気ブログランキングに参戦中
是非一日一度の下記バナークリックで応援よろしくお願いします。


整備・修理ランキング

#トータルカーサービスKaZu#ASV山梨整備協会#山梨県#甲府市#徘徊#警察署#自動車修理#鈑金塗装#エーミング