デントリペアの Dent Bearデント・ベア

2020/06/28 鈑金塗装

 

みなさまは”デントリペア”という言葉をご存知でしょうか?
デントリペアとは?
車のボディの金属部分にできた小さなヘコミを特殊な専用工具を使って、ボディについた凹みの高低を観察しながら直す技術です。
お客様からしたら車の凹みを直すという意味ではデントリペアも鈑金塗装金も同業種といえるかもしれません。
鈑金塗装はハンマーとドリーなどを用いて凹みを直し歪もパテ処理などして塗装します。
デントリペアは特殊工具を用いて隙間などからテコの原理を利用して少しずつ凹みを押し上げたり、盛り上がっている箇所をポンチングしながら仕上げていきます。
塗装作業が不要な分修理代は安く済みますが直せる凹みの種類や場所が限られます。

鈑金塗装もデントリペアもそれぞれが別の技術です。
(鈑金塗装も、デントリペアも作業者の経験や熟練度、要するに腕によって直せる範囲は大きく変わります)

 

 

今回弊社にドアパンチを喰らい左のフロントドアに3カ所ほど凹みやエクボが出来てしまった軽自動車が入庫しました。
通常の鈑金塗装で作業をしてもよかったのですがおかげさまで弊社も今忙しく、他に進めなければならない作業も詰まっており、お客様も少しでもコストを安くしたい、という事でデントリペアで直してみてはどうか?と最近弊社に営業に来たデントリペア業者に依頼をしました。


そのデントリペア業者さんはこちら!
静岡県富士宮市から出張で来てくれる

Dent Bear(デント・ベア)の代表技術者である熊谷社長

 

元々静岡県内の鈑金塗装工場に4年務めた後、デントで独立したくてスクールに通い他県で腕を磨きつつ今年になってから富士宮市で旗揚げしたそうです。

弊社には数カ月前飛び込み営業でやってきました。
しかも前回のブログで紹介させてもらった私の古巣、(有)アマノオートサービスさんにも顔を出し仕事を受けたことがあるとのこと。
(有)アマノオートサービス専務の勉さん(通称ツト兄ぃ)が認めているなら技術的に問題ないだろうと確信し今回初めて依頼をしました。

熊谷社長はまだ若く24歳、(いいなぁ、まだ俺の半分しか生きてねぇじゃん)
口数も少なく大人しめで今どきの爽やか系な男子、まるで若い頃の(俺と一緒か!)と思い親近感も沸いた次第であります。

そんな熊谷社長、初めて弊社からの仕事を受けたため少し緊張していたのか中々ペースをつかめずいたのですがコツコツとまた黙々と作業し、しっかりと凹みとエクボを修復してくれました。

本日無事お客様に納車させてもらいました。

 

あらためて今回デントリペアをお願いした業者さんはこちら

デントリペア・ウインドウリペア専門店 Dent Bear


ついでに、Dent Bearさんのインスタはこちら

 

今までもお客様の希望によってデントリペア業者さんに依頼する場合もありましたが、今回あらためてこのデントリペア業者さんの持つ技術はかなり我々鈑金塗装業にも活かせる部分が多々あると感じました。
デント屋さんを始める気はありませんが機会を作り勉強し自社の鈑金塗装技術をさらに上げていくきっかけになればいいな、と感じました。


今日も1日に感謝

トータルカーサービスKaZuオフィシャルサイトはこちら

全国人気ブログランキングに参戦中
是非一日一度の下記バナークリックで応援よろしくお願いします。


整備・修理ランキング

 

#トータルカーサービスKaZu#自動車鈑金塗装#甲府市#山梨#キズヘコミ#板金塗装#鈑金塗装#デントリペア#デントベア#自動車修理