AUTEL ADASキャリブレーションキット使用許可講習会

2021/02/10 鈑金塗装

去る2月7日、山梨県自動車車体整備協同組合 経営員会主催 AUTEL ADASキャリブレーションキット使用許可講習会が
富士山の麓、富士山アリーナにて開催されました。


一般的にはまだキャリブレーションという言葉自体が馴染みが無いかもしれませんがキャリブレーションとはエーミングとも言いますが先進自動車(ASV車)に装着されているレーダーやカメラを補正(調整)する作業の事


ちなみにAUTELとはこんなメーカー

先進自動車とはAdvanced Safety Vehicleの略でASV車とも言いますが(ここから先はASV車と言います)
簡単に言うとカメラやレーダーなどを使い自動ブレーキやレーンキープアシストなど運転支援をしてくれる車の事です。

 

先進自動車ASV車というとえらい高級なイメージですが最近では乗用車はもちろん軽トラックや商業車トラックにまで装着されております。

いくらASV車とはいえ所詮運転補助装置であり、ぶつからないことを保証してくれる装備ではありません。

悪天候などによりカメラやレーダーが状況を感知できない場合もありますし、もちろんぶつけようと思えばぶつけられます。

ましてや止まっている状態に突っ込んでくるものを避けることはできません。

波及損傷によりズレてしまったいるであろうレーダーセンサーの調整(エーミング調整という)をしなければなりません。

そんなの大丈夫でしょ?なんていう人もいるかもしれませんが、このような機能の調整は絶対にやらなくてはいけません。

フロント廻りの部品やカメラ付フロントガラスなどを交換する場合、エーミング調整まで必要だとお客様にはお話しさせていただきご理解をいただかなくてはなりません。

もし、エーミング調整はしなくていい、とお客様が言ったととしたら、弊社ではその車の修理をお受けしません。

下記の表は、もしレーダーやカメラの位置がずれた場合の予測できる誤差の表になります。


もし1°レーダーの位置がずれた場合、100m前方で1m75cmほどの誤差が発生します。

要するに、何か起きた時に前方を確認するミリ波レーダーが対向車などを前方を走っている車両と勘違いしてしまう、という事になります。

それで自動ブレーキなどが作動した場合、どれだけ危険な状況になるか考えなくてもわかるはずです。

レーダーやカメラの装着角度はごく小さな誤差でも実用上無視できない大きな誤差を生むのです。


一昔前では考えられなかったこのようなエーミング作業は我々自動車車体整備業(鈑金屋さん)の必須とされる仕事になりつつあります。

しかしながらエーミング調整をするキャリブレーションキットと呼ばれるものは非常に高価なうえに次から次へと新しいものが出てくる全てのメーカーの調整機器を1工場で揃えるのは大変な事であります。

そこで最初に書いた、山梨県自動車車体整備協同組合で購入したAUTEL ADASキャリブレーションキットを組合員に貸し出しをすることとなりました。(今発売されている各メーカーのエーミングターゲットはほぼ全て揃えました!)

扱いも難しく高度な調整技術も要するため使用を許可するためのライセンスを取得してもらう必要がありその為の講習会です。

この講習会をパスし、特定整備認証資格取得工場という条件付きでありますが山梨車体協の組合員はこの機器を利用することができます。


コロナ禍による状態での講習会の為、午前午後と人数を分けソーシャルディスタンスを徹底しながら開催いたしました。

講師はAUTEL機器を使用し八王子でエーミングショップもしている東京車体協の教育委員長の斉藤講師。

この道のプロフェッショナルであります。

ちなみにランチは名物吉田のうどん!

私は寒かったので鍋焼きうどんをチョイス!


参加した組合員はみんな熱心に参加しておりました。

今後も自動車の進化は続き、それに伴い我々も新しい知識技術を習得していかなければなりません。

こちらのブログを読んでいただいている方はお車の事はまず弊社へ!((笑))

それが無理なら山梨県自動車車体整備協同組合員工場へお願い申し上げます。

おまけ!

 


講習会終了後の夕食時、焼き鳥を喰らいながら熱く語る斉藤講師((笑))

どうもありがとうございました。


今日も1日に感謝

トータルカーサービスKaZuオフィシャルサイトはこちら
ASV山梨整備協会のオフィシャルサイトはこちら


全国人気ブログランキングに参戦中
是非一日一度の下記バナークリックで応援よろしくお願いします。


整備・修理ランキング

#山梨県#トータルカーサービスKaZu#ASV山梨整備協会#エーミング#自動ブレーキ#AUTEL#山梨県自動車車体整備協同組合#鈑金塗装#自動車修理#キャリブレーション