トヨタ86 ZN6 の修理

2021/05/03 鈑金塗装

さて鈑金塗装屋さんらしく今日は本職について書きたいと思います。

トヨタの人気車種86(ハチロク)

若い方から、昔キビキビ走るスポーツ走行していたと思われるオジサンなど幅広い層から支持をされている車です。

この86の修理、鈑金塗装行程について書きます。

まずは損傷確認から

 

左サイド後部、ロッカパネルを損傷してしまいました。

 

この場所はドライバーから遠く、死角にもなるため車種を問わず当ててしまう方が多いと思います。

よく確認すると、この歪はクォーターパネルにまで波及しています。

 

お客様からのリクエストは長く乗りたいのできっちりと綺麗に直してくださいとのこと。

よ~し頑張っちゃいましょう~!

 

裏からのの入らない場所ですが表から引っ張りながら丁寧に鈑金作業して形を復元します。

 

 

UVパテを研磨後UVサフェーサーを塗布します。

 

ここからは塗装工程に入ります。

この86の色であるカラーナンバーは61K

結構大粒と小粒のメタリックが混ざり塗装ムラのでやすいガングレーメタリック、通称ガンメタです。

隣接する左ドアも一緒にボカシ塗装していきます。
(ドアにも小傷が付いていたし丁度良かった件)

塗装する際は、左フロントドアの付属品、サイドミラー、アウタハンドル(ドアノブ)脱着、ベルトモール(水切りモール)は取り換えます。

クォーターパネルはサイドガラスを脱着、左テールランプとリヤバンパーも取り外します。


塗装後、磨き作業を終え外したパーツを組み付けて完成検査


終了

損傷個所は車体下部で目立たぬ場所でありましたが、しっかり直しておかないと後々の錆などの要因含め車の寿命を縮めることにもなります。


また路面から近い場所で過酷な状況で働いてくれているパネルでもあります。


お客様はその辺りも理解し、このような修理内容を選んでいただきご納得いく修理をさせてもらったと思っております。


今日も1日に感謝

トータルカーサービスKaZuオフィシャルサイトはこちら

ASV山梨整備協会のオフィシャルサイトはこちら

株式会社KTZのオフィシャルサイトはこちら


全国人気ブログランキングに参戦中
是非一日一度の下記バナークリックで応援よろしくお願いします。


整備・修理ランキング

#トヨタ#トヨタ86#ハチロク#山梨県#トータルカーサービスKaZu#鈑金塗装#UV照射器#UVパテ#株式会社KTZ#自動車修理